女性にとっての、美容にとっての、「魅力」に関わる内容は無限大です。

「ぱっちりとした目」

「やや小さく筋の通った鼻」

しかしながら「カタチ」に関するものは、非常に大きな鍵を握ると同時に
なんとかなること・難しいことに、大きく分かれてしまうこと多いと言えます。

それでは、「表面上の魅力」を考えた際に、

「ハリのある肌」

「血色のいい唇」

これらは食生活の改善や、スキンケアアイテムの利用によって
なんとかなることも、多いような気がします。

いずれにしても<カタチをなんとかする>ことに比べて
「なんとかなる」可能性が高そうな要素と言えます。

そして、

基本的には<魅力を加える>ということが
より美しくなる条件であることがが多い一方で
「無い方がいいもの」という要素もあります。

その中でも、最も顕著なものが「シミ」を代表とした<色素の沈着>であり
そして往々にして、無い方がいいものというのは、除去することが難しいものになります。

<欲しい>要素を得ること以上に、<要らないもの>を
無かったことにするのは、難易度が高いことなのです。

そのため、それらは「消す」「防ぐ」の両方が必要な存在と言えます。

色素の沈着は種類によってそれぞれ「特徴」がある

シミに加えて「そばかす」を代表とした色素の沈着は
それぞれの根本的な原因は、共通したものによるものですが
「でき方」や「状態」によって、やや異なるものとなります。

そばかす(雀卵斑)

まず、最も<薄い>傾向のある<そばかす>と呼ばれているものは
小さな薄い色素が、一定の範囲にまばらに集中しているものを指し
正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」という名称になります。

  • 両頬
  • 目の下
  • 胸元

といった、「できる場所」に特徴があります。

またそばかすに関しては、そのままで消えることは稀なものの
それほど濃くはなく、どちらかというと量・範囲が気になるものです。

基本的には「体質」が大きな要因と言えるものであり
特に「白人」に多いことは、広く知られているものでもあります。

もちろん、「後天的に」できてしまうこともありますが
これは、以下で紹介する2つのシミができる過程が
それぞれ混ざり合ったものであると言えます。

そして更に、<年をおうごとに薄くなる!>という特徴があります。

シミ(老人性色素斑)

そして<いわゆるシミ>と呼ばれるもの↓↓

一点にできる(小さいものが集中することもあり)ものは
「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と呼ばれ
基本的には、「加齢(老化)」によって現れるものになります。

更に<徐々に濃くなる>という特徴があり、
この<徐々に存在感が増す>現象は、色素沈着の鍵となる要素と言えます。

「紫外線」を代表とした、外部刺激から肌を守るために発生する成分が
体の中で処理できず、排出されなかった結果として発生するものになります。

肝斑(かんぱん)

この肝斑は、そばかすと同じく<左右対称にできる>特徴があり

  • 頬骨
  • 鼻の下

といった、できやすい部分に傾向が見られることも
そばかすと共通している部分になります。

更にこの肝斑は、「出産」といった「女性ホルモン」が
大きく変動する時期にできやすい傾向があります。

そして、

  • 外部的な刺激
  • 女性ホルモンの変動

これらは、そばかすが<濃くなったり薄くなったりする>要因でもあります。

それぞれの色素沈着に相応しいアイテムとは

体に発生してしまった、色素を追い出すための方法
効果的な働きかけというのは、すでに確立されており
おおよそのことは、ご存じの方も多いと思われます。

主に

  • 色素の除去
  • ターンオーバー

という、2つの側面から考えていくことになりますが
こと「できてしまった色素沈着」に対しては
より1の「色素の除去」という点が、重要なものになります。

「シミ対策アイテム」というものを、利用したことがある方は多いはずですが
実際には、<シミを防ぐ>ことよりも<除去したい>方が多いはずです。

「除去」と「薄くする」という働き替えも、やや異なるアプローチであり
また「範囲」によっても、アイテムの「容量」等を考える必要があります。

ここでは、あらゆる観点から上記の症状に合ったアイテムを紹介します。

<シミ>は「透肌美活」で徹底的に

まずは、一般的なシミに対して「色素の除去」という効果が高いもので
徹底的に解消することを、目的としたアイテムです。

「ハイドロキノン(ハイドロキシン)」を配合した
<成分の強い>アイテムであり、それだけ効果も大きなものと言えます。

国産アイテムであり、バッチテストも行うことから
リスクを抑えたアイテムであり、ハイドロキノンアイテムの中でも特におすすめです。



「透肌美活」は、最初に「トライアルセット」で利用することになります。

成分が強いこと・相性が重要であることから
トライアルで、一定期間試してみることが効率的なアイテムでもあり
もの合わなかった際の、リスクが小さい点も効率的と言えます。

>>「透肌美活」のトライアルセットの詳細を見てみる

「透肌美活」の詳しい解説ページをチェックする

新しい・優しい分解酵素を配合した「ブライトニングフォーミュラ」

<ハイドロキノン以外>の成分によって、色素の除去を求めるなら
「ブライトニングフォーミュラ」に配合されている、
「マリンプロテインエキストラクト」の効果を試して欲しいと思います。



聞いたことのない名称だと思いますが
ハイドロキノンとは異なる、優しい自然由来の「酵素成分」であり
まさに「シミ消しクリーム」と呼ぶに、相応しいアイテムと言えます。

>>「ブライトニングフォーミュラ」の公式ホームページへ

「ブライトニングフォーミュラ」の詳しい解説ページをチェックする

<そばかす>には「フレキュレル」

そばかすの特徴として、シミに比べれば薄いこと
更に広範囲に見られることから、薄く延ばせる・面積に対する
コストパフォーマンスが高いものが相応しいと言えます。



手軽に使える、クリーム状の「フレキュレル」は
口コミが口コミを呼び、利用者が増え続けているアイテムです。

実際に、刺激・リスクの小さい、おすすめのアイテムになります。

ぜひ、公式ページで詳しい効果・口コミをご確認ください。

>>「フレキュレル」の公式ホームページへ

「フレキュレル」の詳しい解説ページをチェックする

ぜひ<自分の色素>に相応しいアイテムを

以上は、数多く存在する「シミ消しクリーム」「美白アイテム」と呼ばれるものを
利用者の多さ・適格な効果から、それぞれに適切なものをピックアップしています。

それぞれに重なる効果はあり、どれを利用しても一定の効果が見込めますが
自分の症状から適切なものを利用することで、より大きな効果が見られるはずです。

※「イボ」のような突起を伴って、色素が沈着している状態は
「脂漏性角化症」と呼び、単純な色素沈着によるものシミとは異なるものです。

万が一合わないアイテムを利用した際には、より深刻なトラブルへと
発展することも考えられるため、必ず皮膚科へ相談に訪れましょう。

体の中からも除去に働きかける

やるからには、徹底的にアプローチするべきであり
以上に挙げたものというのは、あくまで<体の外から>働きかけるものです。

しかしながら、色素というのは体の内部から発生したものであり
解消するためには、<体の中から>の働きかけが非常に大きな効果を与えます。

もちろん、外部的な働きかけによって解消していくこともできますが
上に挙げた、新陳代謝等を利用することによって
より効果的な・より早期の解決につながるものでもあります。

そこで、いわゆる「サプリ」というアイテムの中から

  • 美白サプリ
  • 女性ホルモンサプリ

以上の2つをおすすめしたいと思います。





それぞれに、理由・メリットがしっかりあるものであり
美白・シミ消しクリームと合わせて利用することは
経済的な負担も増えるため、慎重に検討する必要がありますが
可能であれば、ぜひ<同時に>試してみて欲しいと思います。

「美白サプリ」「女性ホルモンサプリ」のそれぞれのメリット