一般的に「日焼け」と呼ばれる、肌の色の自然な変化というのは
稀に自ら望んで、また特殊な機械を利用して行う人もいるようですが
女性であれば、<基本的には>避けたいものになるはずです。

また「昔は焼いてたけど・・・」現在は「美白志向」に転向した人も多く
そういった人の中には肌へのダメージを知って、という方も多いと思われ
実際に、色素の沈着というのは時間差のあるものであり

30代以降の方は、「これからが怖い」ことが事実です。

新たなリスクと共に、積み重ねたリスクをケアする必要があります。

色素沈着に対する最も大きなリスク

日焼けというのは、疑いようのない「肌への刺激」であり
様々存在する刺激の中でも、最も大きなものの1つです。

そして、その「結果」として残るもである
「シミ」や「そばかす」は広く知られているものと言えます。

言うまでもなく、明らかな相関関係のある肌トラブルと言えます。

日焼けによる「痛み」は、しばらくすれば沈静していくものですが
その後に「じわじわ」と現れるものが、シミ・そばかすといった色素の沈着です。

痛みが引いたからといって、日焼けによるデメリットが
全てなくなったわけではなく、結果的に色素として浮き出るものは変化し続けています。

そして、それらの大きな要因となるものが
「メラニン」と呼ばれる存在であることは、多くの女性がご存知だと思います。

色素沈着の鍵を握るメラニン色素

紫外線を中心とした肌への刺を受けることで、体の反応として
肌を守るために「メラノサイト」と呼ばれる組織から、メラニン(色素)を分泌します。

これは、肌の「奥」までダメージを浸透させないため
できるだけ「浅い」部分で、刺激を食い止めるための反応です。

刺激を受けた肌部分には、「活性酸素」が発生しますが
メラニンはこの活性酸素を吸収しながら、更に増殖し肌の奥の組織を守る役割を果たします。

肌の炎症が収まり必要なくなった後は、「新陳代謝(ターンオーバー)」によって
「表皮」「角質」等といったものと同時に排出されていきます。

しかし新陳代謝が悪い場合や、体調不良等といった場合に
しっかりと排出することが出来ず、肌中に残ってしまったものが
シミ・そばかすといった、色素となって「定着」してしまうことになります。

ここまでは「常識」として知られている部分になりますが
この「残ってしまうメラニン」に関して、非常にやっかいなケースもあります。

「真皮」に残ってしまったメラニンはうまく排出できない

メラニンは、たとえ肌中に残ってしまったとしても
新陳代謝を積み重ねることによって、表面に<押し出して>いけば
いずれは排出出来ることも多く、元通りの肌に戻ることが一般的です。

しかしながら「消せないシミ」も存在することが現実です。

それは肌の奥に組織である、「真皮」に残ってしまったメラニン色素であり
真皮は<新陳代謝がそれほど行われない>部分になります。

一般的に「肌」と呼ばれる部分は、表面である表皮・その下の角質層
そして、真皮となっている最も奥の部分に発生するトラブルです。

いわゆる新陳代謝が行われる部分というのは、「表皮」と「角質層」であり
「真皮」の部分は、基本的には外に押し出されない細胞によって構成されています。

<真皮に残さない>を意識する

つまり、最も効果的なシミ対策・予防とは
「真皮には絶対メラニンを残さない」ということであり
この考え方は、中年以降の女性はより意識するべきものと言えます。

ただでさえ衰えている代謝が、<更に行われない>部分であるためです。

真皮は、新陳代謝が行われない(にくい)部分とされますが
メラニンが活発に働いている状態、まだ定着していない時期に
細胞ではなくメラニン自体を押し出すことで、定着リスクを抑えることが大切です。

よにかく、<残さない>ことが大切なのです。

そのためには、やはり

  • 日焼け止め
  • 美白クリーム

といった、外部からの対処を徹底すると同時に
サプリ等といった、内部からのケアも欠かさないことであり
繰り返しになりますが、年をとるほどにこれらの重要度が上がるのです。

また「でき(見え)はじめてから」ではなく、「その前に」が何より重要です。

色素を発生させない・残さないために準備しておくべきこと

メラニンが発生してしまったタイミングに、
いつでも排出しやすいよう、常に新陳代謝を活発にしおくことが大切です。

<新陳代謝がいい状態を保っておく>ということは
非常に単純な予防・対策であり、「唯一」の手段と言えます。

この当たり前のことを、可能な限り準備するしかないのです。

一般的には、

  • 十分な水分
  • 規則正しい生活習慣
  • 便秘の解消
  • ビタミンC(抗酸化成分)の摂取

といった方法がありますが、実際にはこれだけでは不十分であり
年をとるほどに、より「プラスアルファ」の必要性が上がってきます。

一般的なスキンケアアイテムに加えて、美白アイテムといったものも
毎日の中で、できる限り試していくことから始めましょう。

また新陳代謝が向上してきたことを確認するための目安としては
「肌の調子」はもちろん、「便の回数」といったものが確実的です。

あまりにもトイレ近い状態は困りますが、
ある程度、「サイクル」ができていることが望ましいと言えます。

これは「ウコン飲料」といったものを摂取した際に起きる症状であり
「代謝」に大きな影響を与える、「肝臓」に対し働きかけるている証拠になります。

美白に関わるサプリの種類と紹介

当サイトで紹介している、「美白サプリ」等でもこの症状が見られることがあり
体が変化していることを実感できるタイミングでもあります。

最後に、日焼けにも大きく関わっている「紫外線」の問題は
「夏」や「日差しが強い」時期だけの、一過性の問題ではありません。

1年を通して警戒が必要なものであり、
いずれにしても、新陳代謝を向上しておいて損はありません。