シミの発生・増加の根本には、<加齢による女性ホルモンの減少>があります。

女性ホルモンの減少は、代謝の劣化にもつながるものであり
言うまでもなく、代謝の劣化は色素の沈着につながる大きな要因です。

女性ホルモンを増やすことを考えた際に、
最も有効な栄養素としては、やはり女性ホルモンの中でも
存在感の大きな「エストロゲン」に対し、アプローチする栄養素になります。

そして食事によって摂取できる、最もエストロゲンに
アプローチできる成分が「植物性エストロゲン」です。

植物性エストロゲンは、エストロゲンと同じような効果や
エストロゲンの働きをサポートをする機能のある、「天然成分」になります。

食事からの摂取は「大豆イソフラボン」が現実的

植物性エストロゲンという言葉自体は、それほど有名ではありませんが
「大豆イソフラボン」という栄養素の名前は聞いた事がある人も多いはずです。

大豆製品に含まれる栄養素であり、豆腐や枝豆に含まれます。

この大豆イソフラボンは一時、バストアップに対して
効果があるとしてメディアでも話題になりました。

基本的には、これらの大豆製品を毎日・毎食取り入れましょう。

食事による摂取が難しい場合は「サプリ」を検討

大豆イソフラボンの摂取が不足している場合には
「ボディケア」を目的とした、女性用サプリも検討しましょう。

女性ホルン環境の向上のための成分が含まれており
大豆イソフラボンも、もちろん含まれているため
不足していると感じる女性は試してみましょう。

女性ホルモンが正常に働くためには、「亜鉛」や「鉄分」といった
「サポート成分」も必要なため、これらの栄養素を含み
更にたんぱく質が豊富な、「肉類」を中心とした食事に切り替えていきましょう。

女性ホルモンの分泌に関して、正常以上の「向上」を
目指していくのであれば「プエラリア」という
成分に関しても、知っておきましょう。

プエラリアは、大豆イソフラボンと同じく
植物性エストロゲンの一種ですが
大豆イソフラボンの、何倍・何十倍もの
女性ホルモン効果を得ることができます。

元々、東南アジアにだけ生息する「マメ科」植物であり
日常的に摂取していた、現地の女性が「グラマー」であることから
注目を浴びた食材・栄養素になります。

このプエラリアを、食事から摂取することは日本では現実的に難しいため
本気でバストアップを目指すのであれば、プエラリア配合のサプリを摂取していきましょう。

以上で紹介したの食事・栄養素は、健康の基礎でもあります。
そして、女性の健康を考えた場合、ホルモン環境の向上は非常に有効であり

「生理不純」や「更年期障害」といった女性特有の体調トラブルに関しても
上記した栄養素は、非常に効果的なものになります。

健康のためにも、意識して摂取していき
食生活を改善するきっかけになればと思います。