男性に比べて、女性は潜在的に「シミ」できやすい傾向があり
それは「女性ホルモン」が関わっているため、仕方がない面もあります。

しかしながら、年をおうごとに「できやすい」という特徴に加えて
増えやすい・濃くなるという、新たな傾向が加わることになります。

これに関しても、「老化」という新たな要素が加わったことによるものですが
それとは別に、シミが生成される仕組みにも変化が現れてくることになります。

そのシミを悪化させてしまう要素の1つに「過脂化」と呼ばれる現象があり
この現象によって、「より改善が困難なシミ」ができあがってしまうことになるのです。

解消が難しい色素を作り出す「過脂化メラニン」

過脂化とは、シミの素となる「メラニン」が「脂肪」と結びつくことで
「過脂化メラニン」が生成されることを指します。

メラニンとは、紫外線をはじめとした様々な「刺激」によって
体内で「活性酸素」が発生することで、最終的に生成されるものであり
シミ・そばかすの原因となってしまう原因です。

基本的には「ターンオーバー(新陳代謝)」によって排出されるものであり
排出されなかったものが、シミ等の色素として定着します。

そして、生理サイクルによって定期的に新陳代謝が悪化してしまうことが
そもそもの、女性がにシミができやすい原因となります。

そしてそのメラニンが過脂化することで、より解消も困難になるのです。

メラニンが過脂化してしまう原因

メラニンが、脂肪と結びついてしまう原因としては
そもそも体内で脂肪が酸化してしまい、過酸化脂質が増えたことが原因です。

これにはやはり「活性酸素」が大きく関わっており
体内で発生した活性酸素が、多ければ多いほど過脂化のリスクが高まり
もちろん、年をとればとるほど「蓄積」されていた活性酸素は多いものです。

増加した(溜めていた)活性酸素によって、過酸化脂質が増え
更に多くなっていたメラニン色素と結びつくことで、過脂化メラニンが急増します。

活性酸素の増加・メラニンの増加が、過酸化脂質の増加・メラニンの過脂化の増加を招き
まさに「老化」による、負の連素が発生し続けることになります。

「濃く」て「強力」な色素へ変化してしまう

過脂化してしまったシミというのは、茶色・黒っぽくなることが特徴的であり
<薄い>シミと<濃い>シミであれば、濃くなるほど解消が難しいことは
理解されることかと思いますが、それが<一時的>なものなのか
<慢性的>になってしまうことなのかは、原因が過脂化によるものかによって異なります。

妊娠~出産にかけて、一時的にシミが発生・濃くなることは珍しくありませんが
過脂化によるシミというのは、その後のずっと定着してしまうものであり
何より「できた時点」で、過脂化しているのか・していないのかは決まっているのです。

そのため、より根本的な改善策が必要になります。

過脂化の対策

過脂化メラニンを発生させないためには、
そもそもメラニンを生成しないことが必要ですが、
メラニンは肌を守るために、一定量の発生が必要なものでもあります。

そのため<余計な活性酸素を作らない>ことが重要であり
これは、余計なメラニン・シミを作らないことに直結します。

そして更により根本的な対策としては、脂肪を酸化させないことが大切であり
そうであれば、脂肪を少なくすることもリスクの減少に直結します。

つまり<太っていること>は、<過脂化のリスクが高い>と言える状態であり
まずは、何はともあれ「痩せる(脂肪を減らす)」ことも大切なのです。

特に、中性脂肪の増加が顕著な<中年の太り方>には注意が必要になります。

場合によっては特別なアイテムの検討も

また、これは「シミ」に限ったことではなく
加齢によって<昔は自力で(自然に)なんとかなった>ことが
どうにもならなくなってしまうことは、ある程度受け入れる必要があります。

「美白」というポイントにもこだわりのアイテムを多数販売しており
様々な種類の中から、自分に合ったアイテムを選んでみることもおすすめです。

もちろん、こういったアイテムの恩恵を受けやすくするためにも
なるべく過脂化の根本原因は、取り除いておきたいものであり
日常的な<抗酸化アプローチ>と<脂肪の燃焼>
必ず、アイテムの使用と並行していかなければなりません。